大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

西村眞悟の時事通信 2009年の記事一覧

記事ID:400
平成21年1月7日(水)

一月七日、そして、イスラエルのこと

 二十年前の本日未明、昭和天皇が崩御された。 そして、昭和が終わり、平成が始まった。 その前年の暮れ、母とともに、仁徳天皇陵正面に設けられた記帳台を訪れて、平癒の記帳をした。 その数年前、天皇が植樹祭で仁徳天皇陵前の公園に行幸されたとき、幼い息子の手を引き、娘を抱いて道端でお迎えした。前を通過さ…

記事ID:399
平成21年1月4日(日)

ありがたい仁徳天皇

 私西村は、子供の時から近くの仁徳天皇陵で遊んでいた。堀には、鮒、鯉、モロコ、金タイ、どじょう、ナマズ、台湾どじょう、すっぽん、等がいた。堀で、泳ぐこともできた。 空には、白くなるほど白鷺が飛んでいた。御陵の掘りも、付近の田んぼも、数百羽の白鷺を養うほど豊富な小魚がいた。 今は、白鷺が、烏の大群…

記事ID:398
平成21年1月2日(金)

新年に、祖国再興を念じて

 平成二十一年、あけまして、おめでとうございます。 天皇皇后両陛下のご健勝と、ご皇室の弥栄、 そして、諸兄姉のご多幸を心より祈り申し上げます。  本年、我ら力を合わせて、 北朝鮮に拉致された日本人を救出する「強い日本」 まじめに働くものが報われる「明るい日本」、そして、 国民が日本人としての自信…

新着記事

  • 平成30年9月15日(土)
    天皇がしらす國である我が国の歴史を振り返るとき、古事記の日本武尊と、身を捨てて荒ぶる海を鎮め愛する日本武尊を救った弟橘姫の物語から始まって、武士(もののふ)や軍人また兵士ら、そして、民族の運命に選ばれ…
  • 平成30年9月7日(金)
    九月二日には、高野山奥の院に建てられた「空」の墓碑の前で陸軍挺身落下傘部隊の将兵の慰霊祭が、遺家族、全日本空挺同志会会員、陸上自衛隊第一空挺団長および団員第三師団音楽隊そして信太山に駐屯して高野山を含…
  • 平成30年9月1日(土)
    平成の御代の最後の夏祭りそして秋祭りを目の当たりにして、泉州から大阪湾をへだてた西の徳島(阿波の国)の夏祭りである八月の阿波踊りの主催者同士がもめていた。徳島市が、毎年、阿波踊り振興協会の合同連が南内…
  • 平成30年8月23日(木)
    先の時事通信、平成30年8月21日、№1449、「我が国独自で尖閣を守る覚悟を!」に続いて、№1450、「我が国独自で拉致被害者を救出する覚悟を!」を配信する。諸兄姉は、この二つの通信を併せてお読み頂…
  • 平成30年8月21日(火)
    アメリカのトランプ大統領が、アメリカ・ファースト、つまり、二十一世紀のモンロー主義を掲げ、戦後の「世界の警察官」の役割から退却しようとしており、中共の習近平主席が、大中華帝国の再興を目指して膨張しつつ…

アーカイブ