大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

西村眞悟の時事通信 2005年の記事一覧

記事ID:190
平成17年4月15日(金)

「暴支」という言葉が実感を込めて甦った

 韓国のあっけにとられる大統領以下の「反日」豹変。 それに続く中国の「反日暴動」。 北朝鮮は、相変わらず。 以上をみると、北朝鮮と中国と韓国は、反日で同じだと診られる。つまり、中国も、韓国も、北朝鮮の金政権と同じような奇妙な論理で、「自分は全く悪くはなく、悪いのはすべて日本だ」と歩調を合わせてい…

記事ID:189
平成17年3月31日(木)

北九州西方沖を震源地とする地震被害の視察

 昨3月30日、福岡県玄海島を中心に、玄海灘を震源地とする地震被害を、衆議院災害対策特別委員会で視察してきた。 不思議な地震である。 福岡市内でガラスが割れて落ちたビルが一つある。しかし、その周囲にあるビルの一つの窓のガラスも割れていない。そして市内を回っても地震の被害を示すものはない。 ただ……

記事ID:188
平成17年3月24日(木)

海賊事件、また、株買占め、などに関して

 まず、この度の、近藤海事所属のタグボートが、マラッカ海峡で海賊に襲われた事件に関して所感を述べたい。 被害会社の近藤さんとは、よく会っていた仲なので心配していた。 船長以下解放されてまことによかった。ほっとした次第である。 そこで、この度の海賊事件が我が国に提示しているものは何かと言えば、それ…

記事ID:187
平成17年3月11日(金)

「歴史の記憶」の死活的な重要性と「委員長招待」とは何かについて

 昨日三月十日は、百年目の奉天大会戦勝利の日である。 昨日の私の行動は、午前、靖国神社参拝、 午後、衆議院本会議、 夕刻、災害対策特別委員長招待の小宴、であった。 さて、午前中の靖国神社参拝は、言うまでもなく奉天戦を思ってのことである。しかし、こういう行動をする議員は、私一人くらいだったのではな…

記事ID:186
平成17年3月5日(土)

慰霊ということ

 二月半ばには、同志と共にミャンマーに出かけた。 十年来の知己であるキン・ニュン第一書記が、昨年末に失脚して消息が分からない政情なので、政府要人とは会見しなかった。引退したエーベル元大臣とは会って抱き合って健康を祝ったが。 では、ミャンマーはどういう旅になったかと言えば、 慰霊の旅になった。 各…

記事ID:185
平成17年2月11日(金)

紀元節にあたって

 本日は、紀元節・建国記念の日。 我が国の肇に思いをいたしてお祝いする、まことにめでたい日である。 昨晩、東京から堺の家に帰り、朝は、門に日の丸を掲げる。そして、柔らかい朝の日差しの中、近くの仁徳天皇陵まで散歩し、午後は護国神社参拝。 さて、本日朝刊第一面の見出しは、「北、核保有を宣言、6カ国協…

記事ID:184
平成17年1月28日(金)

最近の出来事について

 正月早々、ベトナムに行っている時に、現地ホテルのテレビでNHKを観ていると、安倍晋三・中川昭一の両君が映っていた。 日本へ帰ると、これが、朝日新聞による両君の「NHK言論表現の自由に対する政治干渉」報道に発する騒ぎであることが分かった。 馬鹿らしいので今まで黙っていたが、以下申し上げる。 NH…

記事ID:183
平成17年1月14日(金)

APPFとは何か・・・第13回アジア・太平洋議員フォーラムに出席して

 この度、1月9日~13日まで、ベトナムのハノイおよびハロン市で開催されたAPPFつまり第13回目のアジア・太平洋国会議員フォーラムに出席した。 出席議員は、自民党は亀井静香議員以下3名、民主党は小生と枝野議員、内藤議員ら3名。 正直言って、出席を要請されるまでAPPFとは何か知らなかったが、日…

記事ID:182
平成17年1月3日(月)

謹賀新年

 新年おめでとうございます。 お国の安泰と、ご皇室と皆様のご多幸を祈り申し上げます。 元旦の朝、仁徳天皇陵に参拝する。 すると、声をかけてくれた方があり、「仁徳陵に参拝したあと護国神社まで歩く」と言われる。 その方と、仁徳陵の前で、「旅順陥落は百年前の今日一月一日ですね」という会話をして別れる……

新着記事

  • 平成30年7月19日(木)
    先に、「明治を甦らせる」として、明治と、昭和そして現在の連続性を回復することこそ、これからの我が国の「独立自尊の進路の決断」に必要なことだと書いた。そして、その連続性を回復する為の障害が、明治の日露戦…
  • 平成30年7月18日(水)
    明治を現在に甦らせよ!先日の産経新聞の「明治ルネッサンスで時代に新風を」と題する「正論」は、新保祐司氏が執筆し、明治という時代には「まさに『明治の栄光』というトーンがふさわしい」と述べた上で、次のよう…
  • 平成30年7月12日(木)
    六月十二日の、シンガポールにおけるトランプ氏が上機嫌に成功したと謳った米朝首脳会談の後、現実味を帯びていた「斬首作戦」は忘れられ、米韓合同軍事演習も中止され、急速に、一体、何を騒いでいたのか、分からな…
  • 平成30年7月5日(木)
    先の時事通信と重複するが、「月刊日本」誌に送稿した一文を次に掲載する。これを書いていた時、平成十四年の小泉純一郎総理と金正日委員長との日朝首脳会談の下準備交渉をしてシナリオを書いていた、外務省アジア大…
  • 平成30年7月4日(水)
    七月二日、愛媛県松山市で開かれた愛媛県下の拉致議連総会後の講演会に出席し、配布された政府資料を見た。その政府の作った拉致被害者リストは、こと、ここに至っても、昭和五十二年(一九七七年)九月の久米裕拉致…

アーカイブ