大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

西村眞悟の時事通信 2003年の記事一覧

記事ID:89
平成15年1月22日(水)

役人によるご恣意的な皇室の政治利用が放置されている

 日曜日のテレビから 日曜日のフジテレビでの、品川区東五反田五丁目の住民に対する旧正田邸保存か解体かの聞き取り調査結果を見て再び警告したい。 何故なら、解体してもよいという住民と保存すべきという住民が半々であり、解体派の根拠は、皇后陛下が解体を望んでおられる、と言うことだったからだ。 つまり、宮…

記事ID:88
平成15年1月18日(土)

旧正田邸を保存すべきだ

 法匪とは誰のことか 嘗て満州では、日本人官僚のことを、法匪といって憎んだという。 匪賊は、暴力で人命財産を奪う賊であり、満州人を苦しめた。 しかし、その匪賊を平定して統治をし始めた日本人は、暴力は用いないが法を用いて簒奪した。 よって、日本人官僚は法匪と呼ばれたという。 その、法匪の実態がやっ…

記事ID:87
平成15年1月11日(土)

北の核

  忘れた振りをしても無駄  目をつぶっても核はある 昨年10月、アメリカが北の核を明示して我が小泉内閣に、警告した。 「目を開いて、核を見よ」と。 本時事通信昨年10月18日付でも「北の核」を指摘した。  イラクのショーでまた忘れた しかし、イラクでアメリカが、派手に営業をするものだから、わが…

記事ID:86
平成15年1月10日(金)

尖閣諸島に関する政府の賃借権設定について

 賃借権設定の意味 これは、尖閣諸島の管理権・使用権を日本政府が取得したということ。 後に残る問題は、当然に、政府はそこをいかに管理しいかに使用するかである。 国税年間2000万円の賃料を費やして賃借する以上、もちろん政府はこの管理使用体制を国民に明らかにしなければならない。 今までは、尖閣諸島…

記事ID:85
平成15年1月2日(木)

新年、おめでとうございます!

 穏やかな、元旦になりました。 新年、おめでとうございます。 本年も、よろしくお願い致します。 「時が過ぎ去るのではない。過ぎ去っていくのは、我々自身だ。」 という言葉を覚えています。 なるほど、時は無心に流れるだけで、そこから過ぎ去っていくのは、我々自身です。真理ですね。 昨年我々と共に新年を…

新着記事

  • 平成30年4月26日(木)
    昨日(25日)、大阪城の南側のホテルの会場で、工作部品等を製造する会社の経営者五十人ほどの会合で、「東アジア情勢の地殻変動と日本の再興」という題で話をさせていただいた。とはいえ、この講演のレジュメを作…
  • 平成30年4月19日(木)
    私が、直感し確信したことを記しておきたい。それは、横田めぐみさんのご両親、父の滋さんと、母の早紀江さんには、日本を動かす力、そして、世界を動かす力が天から与えられている、ということだ。平成十四年九月十…
  • 平成30年4月16日(月)
    四月十五日、若狭町および若狭町教育委員会主催の佐久間艇長遺徳顕彰式典に出席した。式典の場所は、福井県三方郡八村北前川の佐久間艇長顕彰碑前。ここは、森の中の緩やかな斜面で、今も、上の方に、艇長の父上が宮…
  • 平成30年4月11日(水)
    いよいよ、歴史が回り始めた。それが、分からないのは、「森友と加計と日報の入ったビン」のなかでそれを追いかけ回している、あまりにも惨めで低級な「日本の国会」だけだ。雨もなく、地震もない。何の予兆もなく……
  • 平成30年4月10日(火)
    大学紛争時代の京都で、それぞれ吉田山の麓と大文字山の麓という指呼の間で同時期に学生生活をしていて、お互いに五十歳を過ぎてから、初めて相まみえた友人が奥山篤信さんだ。その彼が、六十歳を過ぎてから上智大学…

アーカイブ