大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

時代はレンジャーを必要としている

平成29年9月21日(木)

日米首脳の連携は見事である。
アメリカのトランプ大統領は、
十九日、国連総会で演説を行い、
核ミサイル開発を続け、威嚇的にミサイルを発射する北朝鮮に対して、
「完全破壊」
の警告を発するとともに、
北朝鮮に十三歳の時に拉致された横田めぐみさんのことに触れて、
北朝鮮のすさまじい人権侵害を強く非難した。
同時に、南シナ海において、独断的かつ自己中心的な主張を掲げながら、
軍事力によって領土領域の拡大を図る中共を
「法を尊重せよ」と強く牽制した。
我が国の安倍総理は、
二十日、同じく国連総会で演説を行い、
北朝鮮に対しては、「対話」ではなく「圧力の強化」で臨むべきだと述べ、
国際社会が連携して北朝鮮の挑発を止めねばならないと強調した。

この安倍総理は、
国連総会に出席のためにニューヨークに出発する前に、
衆議院解散の覚悟を示したが、
このことは、アメリカから見れば、
十一月に日本を訪問するトランプ大統領を迎えるのは、
これから起こる深刻な事態に対処するために
総選挙で国民の信任を新たに得なおした安倍内閣であるということを
ニューヨークのトランプ大統領に伝達したということでもある。
また、トランプ大統領は、
確かにアメリカファーストであるが、
同盟国を断固として核の脅威から守ると度々強調して、
日本の安倍総理と数度の電話会談をしてきた。
その上で、
日米両首脳は、
北朝鮮に対する、「完全破壊」と「圧力の強化」
という符合する演説をそれぞれ国連総会で行ったのだ。
即ち、日米両首脳の間には、
対北朝鮮「斬首作戦」断行もあり得るとの合意があるとみるべきだ。
従って、
この度の十月の解散・総選挙は、
動乱を覚悟したが故に行われる解散・総選挙である。
そして、この動乱前の解散・総選挙直前の
九月の堺市堺区府議会補欠選挙は、
期せずして、その重要な前哨戦と位置づけられることとなった。
何故なら、これから日米とも、
如何にして軍・自衛隊を動かすかの事態に直面するからである。
同様に、堺区の府議会補欠選挙においても、
危機克服のレンジャー訓練を経てきた者(自民党公認)を選ぶか、
それとも「憲法9条という植木鉢」のなかで育った者(民進や維新の公認)を選ぶか、
が問われているからだ。

さて、この度の事態に対して、
数日間、呆然としていた野党が、
やっと、しゃべり始めたと思ったら、

秋の臨時国会では、森友学園、加計学園などの問題を審議しなければならないのに、
衆議院解散によって、それができなくなる、
解散は、森友隠し加計隠しの権力の横暴である、

と言っている。
馬鹿を言え、
これを、一昨日(おととい)来い、という。
この先、森友や加計のことを、
「国民の国会」を占拠したごとく、延々とやられてたまるか。もう聞き飽きた。
お前らと違い、我が国家は大変で、国民は忙しいんだ。

予言しておくが、彼ら「森友・加計友の会」は、
反基地、反原発、反核の「左翼・共産勢力」と談合して、
「野党一本化」を唱えて、
イケおとこ・イケおんなの「野党統一候補」を模索する。
そして、この「野党統一候補」は、親中共、親北朝鮮そして親共産党である。
堺区の民進党候補も同じだ。
これをコミンテルンの古典的戦術である人民戦線方式という。
コミンテルン即ち共産党は、
この人民戦線方式によって一般人を騙して勢力を拡張した。
従って、これに騙されれば、
かつての悪夢のような民主党政権をしのぐ悪夢が日本を襲う。
動乱が迫るときに、
このような親共産、親北朝鮮勢力を少しでも増殖させれば、
これは、まさに、外患誘致そのものである。

よって、この度の総選挙は、
断じて安倍内閣支持を拡大し、
直前の動乱に備えて、
安倍内閣を支える万全の体制を構築せねばならない選挙である。
従って、期せずしてその前哨戦となった
堺市堺区の府議会補欠選挙においては、
断じて自民党公認の陸上自衛隊レンジャー課程修了者を当選させねばならない。

新着記事

  • 平成29年9月21日(木)
    日米首脳の連携は見事である。アメリカのトランプ大統領は、十九日、国連総会で演説を行い、核ミサイル開発を続け、威嚇的にミサイルを発射する北朝鮮に対して、「完全破壊」の警告を発するとともに、北朝鮮に十三歳…
  • 平成29年9月19日(火)
    数日前に、産経新聞朝刊が最初に一面大見出しで、「衆議院解散」を報じたとき、あれ、何を考えているのか、と、一瞬、解散権を持つ安倍総理の頭の中のことを思ったが、その後、得心した。何故なら、我が国を取り巻く…
  • 平成29年9月13日(水)
    昨日、「安保理決議は軍事力行使の手段である」と題する時事通信を発信してから、夕方に、大阪で元航空支援集団司令官で空将の織田邦男閣下の話を聞く機会があった。私は、昨日の時事通信で、アメリカのトランプ大統…
  • 平成29年9月12日(火)
    国連安保理決議は「目的」ではなく「手段」だ。では、何の「手段」か。「斬首作戦」開始の「手段」である。日本以外の諸国、特にアメリカにとって、「政治と軍事」は車の両輪であることを忘れてはならない。アメリカ…
  • 平成29年9月9日(土)
    九月九日の、現時点で、まさに今が、東アジアの、「戦争か平和かの分岐点」であると感じる。分岐点というより、我が国は、今、爆発の予兆がする噴火口の上に乗っているのだ。従って、ジタバタすることなく、覚悟を決…

アーカイブ