大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

田母神俊雄、元気に帰還す

平成28年9月30日(金)

 昨夜、田母神俊雄元航空幕僚長と、久しぶりに話しをすることができた。
 昨日、保釈が認められ六か月ぶりに自由の身になったのだ。
 田母神俊雄の声は、まことに元気で、かえって若返ったように思われた。
 そして、闘志が感じられる。
 さすが軍人だ。
 
 我が国を取り巻く内外の状況、まことに厳しく、
 ありうることであるが、
 もし、日清・日露戦役を併せたような国難が我が国を襲ったならば、
 田母神俊雄の獄中にあった経験は、
 国家のために生かされるであろう。
 国を問はず、過去多くの国難は、
 平時の安楽に慣れ楽しんだ者ではなく、
 獄に繋がれる経験をした者たちによって克服されてきたからである。

 田母神俊雄との電話を切ってから、
 西郷南洲が、
 沖永良部島の獄に居るときに作った漢詩の数節を思い起こした。

    朝に恩遇を蒙り 夕べに焚坑  
    人世の浮沈 晦明に似たり・・・
    もし運を開くこと無きも 意は誠を推す 
    洛陽の知己皆鬼と為る 南嶼の俘囚独り生を盗む
    生死いずくんぞ疑はん 天の附与するを
    願わくば 魂魄を留めて 皇城を護らん

昨夜、田母神俊雄は、
久しぶりに大吟醸を飲んで寝たと思はれる。
まことに、いいことである。
それにしても、検察とは、いやな組織ではないか。

新着記事

  • 平成28年9月30日(金)
     昨夜、田母神俊雄元航空幕僚長と、久しぶりに話しをすることができた。 昨日、保釈が認められ六か月ぶりに自由の身になったのだ。 田母神俊雄の声は、まことに元気で、かえって若返ったように思われた。 そして…
  • 平成28年9月26日(月)
     本日の産経新聞朝刊の一面を眺めて、思いあたったことがある。 まず、そのことから記す。  産経新聞一面の冒頭には、    中国戦闘機、宮古海峡を通過    40機超、西太平洋で訓練 という見出しのもと…
  • 平成28年9月19日(月)
     九月十七日の、北朝鮮による拉致被害者救出国民大集会に参加した私の鞄のなかには、 シベリアに抑留されて生還した方からの手紙が入っていた。 手紙の主は、昭和二十年八月、 満州の関東軍石頭予備士官学校に在…
  • 平成28年9月18日(日)
     平成十四年九月十七日、小泉総理が平壌に行き、金正日主席と会談し、 日朝首脳が平壌で共同宣言を出した。 その日から十四年を経た昨日九月十七日、 東京で北朝鮮に拉致された被害者救出国民集会が行われた。……
  • 平成28年9月15日(木)
     特定失踪者問題調査会の荒木和博さんが、突然、小説を書いた(書きよった)。   「靖国の宴、戦って散った男たちのおとぎ話」 これは、敵味方に分かれて国のために戦って戦死した男たちが、 夜の靖国神社の桜…

アーカイブ